高騰材料が発表されるまであと僅か。
こちらの銘柄が高騰開始した際には、募集を締め切らせて頂く場合がございます。
お早目にお受け取りください。

私達Leadの情報力が
どれほど利益に直結するのか。
過去に推奨した
「材料株」の高騰事例をご紹介します。

【3936】グローバルウェイ

【3936】グローバルウェイは、7月21日大引け後に連結経常損益を従来予想500万円の黒字から1億3500万円の黒字に大幅な上方修正を発表し、この材料をきっかけに翌営業日23日寄り付きより高騰劇が開始し相場の話題を席捲しました。

ほとんどの個人投資家の方は、この時グローバルウェイが7連続S高を含む株価7.6倍もの高騰を、ごく短期間に成し遂げるとは想像だにしなかった事でしょう。

しかし、私達Leadは、材料が発表された日から約10日前にこの情報を仕入れており、各ルートに情報を裏付けを取る等の情報精査を経て、会員様に情報提供を行っておりました。

情報通りに投資された会員様がどれ程の利益を手にされたかは言うまでもありません。

株が高騰する裏には必ず理由があります。理由なき高騰はありません。
そして、その「高騰する理由」を誰よりも早く知る事ができれば、株式投資で利益を手にし続けることは決して難しいことではないのです。

直近の高騰実績

【4575】キャンバス

獲得利益 1373700
株価 2.32
  • 買値/2022年01月07日 183円
  • 売値/2022年01月19日 424円
  • 株数/5700株

神谷様/50代後半/経営者・役員

いい情報は相場も関係ないですね

去年のように年明けからコロナの感染者が増え、相場も不安定でしたがその中でも群を抜いて高騰しましたね。これもAIと御社の優秀なスタッフあっての事だと思いました。

【9941】太洋物産

獲得利益 1535000
株価 2.55
  • 買値/2021年12月27日 988円
  • 売値/2022年01月12日 2,523円
  • 株数/1000株

徳永様/40代前半/公務員

去年のうち仕込めて良かったです

自分は上がりだしている銘柄を買い付けているスタイルで高値掴みをよくしていましたが、こちらの情報でなら安値でしっかり買い付けができますね。チャートを見ても完璧な買いタイミングだったと思います。情報は利益だけでなく勉強にもなって最高です(笑)

【6334】明治機械

獲得利益 1089900
株価 1.96
  • 買値/2021年12月27日 181円
  • 売値/2022年01月07日 354円
  • 株数/6300株

村瀬様/50代前半/自由業

いいスタートを切ることができました

正直、年の持越しは心配な所もありましたが結果、一番いいところで買い付けできましたね。幸先のいい結果となったので今年は御社を頼りにさせて頂きます。

【2388】ウェッジHD

獲得利益 539500
株価 2.09
  • 買値/2021年12月21日 76円
  • 売値/2021年12月27日 159円
  • 株数/6500株

秋間様/60代前半/主婦

担当さんを信じてよかったです

資金も少なく買付けなども心配でしたが、低位株という事だけは教えて頂けたので参加を決めました。低位株という事もあり資金ギリギリまで買い付けする事ができ、結果も2倍以上となって満足しています。老後のこともありますので目標資産達成までお世話になります。

私達Leadが高騰材料を
事前に知る事ができる理由

監査する立場のため情報が集中!

弊社は長年、業界団体や公的機関からの要請により、投資企業への監査を行ってまいりました。現在は、全国の投資会社の大半が属する最大ネットワークで最終監査を担当。

投資企業から寄せられる情報を公開前に「法に触れていないか」「最低限の基準を満たしているか」等、監査する立場にあるため、常に最新の情報が流れてきます。

弊社はその立場にありますので、会員様へ大きな利益を提供できる環境が備わっているのです。

証券会社

高い資金力で売買を行うので相場を左右する場合もあり、その規模だからこそ監査要請も多く、弊社が提供する情報の有力な情報源となります。

▼ 証券会社の事例

みずほ証券、野村證券、SBI証券、大和証券グループ、マネックス証券、楽天証券、松井証券、岩井コスモ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、モルガン・スタンレーMUFJ証券、シティグループ証券、など

投資銀行

投資銀行は、企業の合併や買収の仲介に関わるため、特殊な情報を保有。特に株価に大きく関わる内容では最新の注意を払って情報交換しています。

▼ 投資銀行の事例

メリルリンチ日本証券、UBSグループ、ゴールドマン・サックスバークレイズ、ドイツ銀行グループ、クレディスイス、HSBCホールディングス、シティグループ、バンク・オブ・アメリカ、モルガンスタンレーグループなど

ファンド

主に海外の組織が著名です。
弊社はこちらから多くの海外企業や海外マネーの動向に関しての情報提供を受けています。

▼ ファンドの事例

あすかコーポレイトアドバイザリー、AQRキャピタル・マネジメント、M&S、ブリッジウォーター・アソシエイツ、BMキャピタル、日興レジェンド、アズカル・アセット・マネジメント、カーライル・グループ、ひふみ投信など

投資顧問・情報会社

投資家へ直接的に情報提供を行っているのがこれらの投資会社。監査の過程で情報が集まりやすく、投資家の動向などを常に情報交換しています。

▼ 投資顧問・情報会社の事例

財形投資顧問株式会社、大和住銀投信投資顧問、ザイナスアセットマネジメント、Heitman International、フィスコ、三井情報株式会社、モーニングスター、東洋経済など

高騰銘柄を
見抜く確かな分析力

弊社は約1000社の監査をするにあたってどこよりも正確な分析が求められます。
現在では、最新のAI(人工知能)を駆使し、経験豊富な専門のチームが24時間体制で分析。

最新技術AI

弊社に集まる膨大な量の投資情報はまずAI(人口知能)によって分析されます。人間の10万倍以上もの処理能力により株価の上昇・下降に関わるデータを抽出。材料の段階から確かな情報提供ができる状態へと選別します。

長年投資に携わってきた分析専門チーム

平均勤続20年以上のキャリアを持つ分析チームがAIによって選別された情報を更に厳選。AIに頼り切ることはせず、見落としがないかをチェックし、AIの分析のみでは行き届かない投資家感情といった部分を分析することで情報の正確性を更にアップさせます。

せっかく入手した希少な情報も、時間とともにその価値が薄れていくのは株式投資の常。
また、情報の真贋をしっかりと見定めることもとても重要な作業です。
弊社では、会員の皆様に「価値ある最新の情報」だけをご提供するため、情報精査を「人の眼」だけに頼らず、最新のAIを駆使し、何重にも及ぶ工程を課しております。

つまり、最新のテクノロジーと経験豊かな人間を高次元で融合させた情報精査を行うことで、
一度入手した情報の精度を高めることに成功しています。

その結果

高騰材料が発表されるまであと僅か。
こちらの銘柄が高騰開始した際には、募集を締め切らせて頂く場合がございます。
お早目にお受け取りください。