株式投資成功の秘訣は「安く買って高く売る」
激安有望株候補の発掘手法をまとめた電子書籍

今まで見逃してきた“急騰低位株”
候補もこれでキャッチ!

今スグ無料ダウンロード

電子書籍のダウンロードに料金が
発生することはありません。

※当コンテンツは、過去の事例をもとに株式投資を学習することを目的としています。
個別銘柄の未来の株価や値動きを予測するものではありません。
また、株価上昇を保証するものではございません。

本書籍で学べること LEARN

  • 低位株の定義と種類

  • 低位株に投資するリスクとリターン
    メリットとデメリット

  • 低位株に投資する際に
    気をつけること

  • 過去事例に基づいた
    「急騰低位株」の特徴

低位株、それはダイヤモンドの原石!?

低位株、それは文字通り「価格が安い株」のこと。別名「ボロ株」などと呼ばれることもあります。

「安く買って高く売る」ことが株式投資で利益を出すためのセオリーであるならば、これから高騰するであろう有望低位株を見つけることは、まさにそれを体現するものです。つまり、「低位株投資」は株式投資で成功を掴むための重要な戦略になり得るでしょう。

低位株から大化けする銘柄はたくさんある
今や主役級のソフトバンクも、
もともとは低位株

今では日本株を代表する銘柄にまで
成長したソフトバンクグループですが、
上場からずっと今の地位にあった訳ではありません。

今では日経225の値動きを動かすほどの巨大な影響力を持つ銘柄となっているソフトバンクですが、所謂ドットコムバブルが弾けた直後の1998年、ソフトバンクは430円の最安値を記録。そう、この頃のソフトバンクは市場では「低位株」として認識されていたのです。

しかし、2017年には株価10,000円を突破。1998年の低迷期から20倍を超える高騰劇です。そして分割をはさんで2021年現在はさらに株価を伸ばし、一時は2017年比で2倍、1998年比では50倍以上まで株価は伸びたのです。

もう1つ、低位株から大化けした銘柄をご紹介しましょう。

ドットコムバブル後の銘柄であるサイバーエージェントも2013年に222.9円をつけてから株価10倍を達成。IT関連の低位株からも沢山のテンバガー銘柄が生まれています。

ここで投資家が気付くべきこと、それは
ソフトバンクやサイバーエージェントのように低位株から大化けする銘柄はたくさん存在し、株価低迷期、つまり低位株だった時期に買えた投資家は莫大な利益を手にしたという事実です。

「有望低位株」を見つけ出すこと、
それが如何に価値のある事かお分かりいただけたでしょうか。

本書では、ダイヤの原石になるであろう低位株を見つけるため、実際に大化けした銘柄にあった特徴や共通点を「法則」としてまとめました。

少額から株式投資を始めたい方や、ギャンブル性を抑えて投資にチャレンジしたい方は是非ご覧下さい。

今まで見逃してきた
“急騰低位株”候補もこれでキャッチ!

今スグ無料ダウンロード

電子書籍のダウンロードに料金が発生することはありません。

「誰も見向きもしない」
からこそチャンス!
低位株投資の醍醐味とは? RESULT

今、相場の話題を席捲中の“半導体銘柄”も
ほとんどが「市場から見放された」低位株だった!

今は“半導体相場”と言われるほど、半導体銘柄ブームが来ています。

しかし、100バガー(株価100倍!)を達成したレーザーテックをはじめ、ほとんどの半導体銘柄は長く市場から見放されていた時期があり、言わば「誰も見向きもしない銘柄たち」で事実大手機関投資家も積極的に株付けしていない状況でした。

そんな中、「トリリオンセンサー時代の幕開け」とともに機関投資家たちがこぞってレポーティングを開始。多くの機関投資家が顧客である個人投資家に買わせ、その後で自分たちも徐々に投資を買い始めました。するとジェットストリームのような勢いで株価は急上昇。

結果はご存じの通りとなっています。

このように、今相場の主役を張っているような銘柄でも、過去には市場から全く評価されず低位株だった時期があるものが多く存在するのです。
しかし、きっかけさえあれば株価が大きく跳ねあがるのも低位株ならではの魅力。

将来ダイヤモンドのように光輝くであろう原石を
誰も見向きもしていない時期に掘り当てること

それが低位株投資の醍醐味だと言えるでしょう。
しかし、無数にある低位株の中から、将来大化けするであろう「有望低位株」を見つけ出すなんて、そんな事簡単にできるの?
そうお考えかも知れません。

実は、大化けした
低位株には
「ある法則」が存在します LAW

あなたも、この法則を知ってさえいれば 株価100倍を達成したレーザーテックを、 200円台の時に注目できた可能性があります。

低位株が急騰する時、実はそこに必ず「機関投資家」の影響があります。
今までに大化けした低位株の株価が急激に伸びたときには、総じて共通する動きがあったのです。

それは、【機関投資家がレポーティング⇒個人の顧客に買わせる⇒最終的に機関投資家自らも大きな買いを入れる】

ということ。
とてもシンプルにお伝えすると下記の様なながれになります。

低位株から急騰する銘柄のながれ

今ご紹介している無料電子書籍では過去の実例(実際に急騰した低位株)をもとに、わかりやすく法則としてまとめました。 上の表の①と②の間、つまり証券会社が目を付けた企業で、レポーティングし個人に買わせる寸前の銘柄候補だけに的を絞った銘柄選定方法を学習できます。

過去の実例から、高騰する銘柄候補を絞り込む
そのための知識を今あなたが持つことは
今後の投資人生に多いに役立つのではないでしょうか

今まで見逃してきた
“急騰低位株”候補もこれでキャッチ!

今スグ無料ダウンロード

電子書籍のダウンロードに料金が発生することはありません。

低位株に
投資するメリットとは? MERIT

  • 少額予算で投資を始められる
    低位株はその名の通り株価が低位、つまり安い銘柄です。現在は東証によって殆どの銘柄が100株単元の売買になったため、10万円未満の少額から投資できる銘柄も多数あります。
  • 複数の銘柄に資金を分散できる
    1銘柄あたりの投資額が少額なので、リスクヘッジのために手元資金を複数の銘柄に分散して投資することが可能になります。
  • 売り手が少ない
    低位にいる銘柄は、既に売られ尽くした状態である場合が多いため、これから更に売り込まれる可能性は、今現在株価が上昇中の銘柄に比べて低くなります。
  • これから機関投資家が入ってくる
    可能性がある
    低位株は機関投資家が入っている可能性が低い銘柄です。その分、これから彼らが買える銘柄でもあると言えます。

この書籍を読んでみて

低位株だけでなく、
全ての銘柄発掘法に通じる考え方ですね。
投資歴5年、株式投資は少しプラスでしたが、その時にこの本を知りました。
この本で言っていることは投資の真髄、安く買って高く売るをわかりやすくしたことじゃないでしょうか?とても参考になりました。
この書籍を手にして、
ようやくスタートが踏み出せました。
株式投資は、とてもお金がかかるものだと思っていました。投資金がそこまで多く準備出来ない私は、以前から低位株に興味はありましたが、最初の一歩が踏み出せないでいました。
この書籍を読んで深く意味を理解でき、安心して始めることが出来たこと、とても感謝しています。今は毎月のおこづかいを節約し、投資に回しています。良いスタートを切れる本だと思います。

読者へのアンケート RESEARCH

私達は、本書籍を通じて株式投資への理解を深め、
興味を持って頂くことを目的としています。

リードについて ABOUT

私達は本書籍やセミナーなどのサービスを通じて、
個人投資家の方が投資への理解を深めること、またはその普及を目指しております。

事業内容

  • 電子書籍の出版、発行
    投資の学習にはさまざまな目的やステップがありますが、弊社では投資家のレベルに合わせた学習コンテンツを電子書籍としてご用意しています。
  • セミナーの開催
    弊社のキャリアを活かし資産形成に関するセミナーを定期的に開催しています。
  • アプリ開発
    上場企業の高精度スクリーニングアプリを規格・開発。
    上場企業IRのキュレーションシステムを規格・開発中。

お問い合わせ CONTACT

弊社サービスに関する疑問や気になる点など、
どんな些細なことでも迅速丁寧にお答え出来る様、万全のサポート体制を整えました。
お客様が安心してご利用頂けるよう、全力でサポートさせて頂きます。

今まで見逃してきた
“急騰低位株”候補もこれでキャッチ!

電子書籍は無料で
スグにお受け取りいただけます

  • 1.メールアドレスを入力
  • 2.「今スグ無料ダウンロード」ボタンをクリック
  • 3.PDFダウンロードURLが届く

電子書籍のダウンロードに料金が発生することはありません。

※当コンテンツは、過去の事例をもとに株式投資を学習することを目的としています。個別銘柄の未来の株価や値動きを予測するものではありません。また、株価上昇を保証するものではございません。